Work

Nisshoku

wd:Q11510438

『日蝕』(にっしょく)は、平野啓一郎による中編小説。『新潮』(新潮社)1998年8月号で発表され、同年10月に単行本が発行された。当時23歳の学生だった平野のデビュー作であり、翌年2月に第120回芥川賞を当時最年少で受賞している。15世紀フランスを舞台に神学僧の神秘体験を描く内容で、森鷗外を意識したその擬古的な文体や衒学性、「三島由紀夫の再来」と言われた評価をめぐって賛否両論を起こした。 平野自身は、この作品を『一月物語』『葬送』へと続く『ロマンティック三部作』の第一作と位置づけている。
Read more or edit on Wikipedia

original title: 日蝕
language: Japanese
published in: Shinchō

Public

nothing here

Editions

  • no edition found
add an edition without an ISBN

Welcome to Inventaire

the library of your friends and communities
learn more
you are offline