レーモン・ラディゲ

1903 - 1923

写真のクレジット: Wikimedia Commons

レーモン(レモン)・ラディゲ(Raymond Radiguet、1903年6月18日 - 1923年12月12日)は、フランスの小説家、詩人。代表作は、処女小説『肉体の悪魔』と、次作で遺作となった『ドルジェル伯の舞踏会』である。なお、フランス語では Raymond の「イ」は発音されないので、「レーモン」または「レモン」が正確な発音に最も近い片仮名表記であり、「レイモン」は誤りである。 早くからその才能を開花させ、14歳で詩作をはじめた。また詩人のコクトー、画家のピカソ、モジリアーニなどと交際し、17歳前後に2冊の詩集を出版した。18歳で小説『肉体の悪魔』を、20歳で『ドルジェル伯の舞踏会』を書いて、死んだ。 Source: Wikipedia (ja)

シリーズ

There is nothing here

Create a new serie

記事

There is nothing here

Authors influenced by レーモン・ラディゲ 1

Open in advanced list browser

Human - wd:Q333615

Welcome to Inventaire

友達やコミュニティの図書館
もっと調べる
you are offline