Work

Taiwan Wai Ji

wd:Q5157808

『台湾外記』(たいわんがいき、繁体字:臺灣外記、拼音:Tāi-wān wài jì)は、清朝初期、康煕帝の時代に書かれた、鄭氏一族の事蹟を記した書である。『台湾外紀(臺灣外紀)』、『台湾外誌(臺灣外誌)』ともされる。 作者は江日昇で、史書と章回小説の間の体裁をとり、鄭芝龍、鄭成功、鄭経、鄭克塽一族の発展の事蹟を記している。鄭氏一族の資料はきわめて少なく、本書は小説でありながらも、内容は江日昇の父から情報もあり、資料がない空白部分を埋めており、学術上も重要な資料とされる。 江日昇の父江美鰲は南明の将軍で、最初は鄭彩指揮下にあり、後に鄭成功の指揮下に加わった。鄭彩の命令で唐王朱聿鍵を福建まで送り、朱聿鍵はこの地で明(南明)の皇帝を称した(隆武帝)。三藩の乱の時、鄭経が広東省恵州を攻撃した後、江美鰲は連平知州に任じられたが、その後に清朝に投降している。江日昇は幼少から父が鄭氏一族について話すのを聞いており、後に「閩人が閩の事蹟を話す、国史を編修する者に採択させなければならない」として、本書を著している。 本書の記事に書かれている内容は、明の天啓元年(1621年)、鄭芝龍が泉州から澳門に移るところから、清の康煕22年(1683年)、鄭克塽が清に降伏するまでの63年の事蹟である。その内容は、鄭芝龍の活躍に始まり、隆武帝の朝廷を助けること、鄭成功の家族、清朝への抵抗、和平と最後の投降にまで及んでいる。 葉石濤は、明の鄭氏に触れる伝記文献の中で、『台湾外記』は首尾一貫しており、すこぶる価値のあるものだ、と評価している。
Read more or edit on Wikipedia

Public
nothing here

editions

  • no edition found
add
add an edition without an ISBN

Welcome to Inventaire

the library of your friends and communities
learn more
you are offline