五輪書

first publication date:  1642
genre:  兵法書
original language:  文語体

『五輪書』(ごりんのしょ)は、宮本武蔵の著した兵法書。剣術の奥義をまとめたものといわれる。 寛永20年(1643年)から死の直前の正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で執筆されたとされる。 自筆本である原本は焼失したと伝えられる。写本は細川家本を始め、楠家旧蔵本・九州大学本・丸岡家本・狩野文庫本、底本不明の『劍道祕要』収録などがある。自筆本が現存せず写本間での相違も多いことや、武蔵の時代よりも後の価値観に基づく記述が多いこと、さらに同時代の文献に武蔵が五輪書を書いたと傍証できるものがない。 Source: Wikipedia (ja)

7
Active filters

あなたの書庫内に

nothing here

:あなたの友達やグループから

nothing here

Nearby

nothing here

Elsewhere

nothing here

Work - wd:Q572180

Welcome to Inventaire

友達やコミュニティの図書館
もっと調べる
you are offline