Work

騙し絵の牙

wd:Q85884602

『騙し絵の牙』(だましえのきば)は、塩田武士によるミステリ小説。2017年8月31日にKADOKAWAから刊行された。 廃刊の危機に遭いながらも、抜群のコミュニケーション能力を発揮して様々な困難と立ち向かっていく編集長の姿を描く。本作は塩田が俳優・大泉洋を主人公として想定し、出版界と大泉を4年間徹底取材した上で書き上げた。そのため、表紙には当て書きされた大泉自身が起用されている。塩田によれば元々大泉と親しい関係にある編集者が持ち込んだ企画で、編集者やマネージャーの話を聞きながらどんな大泉洋を観たいのかについて話し合った上で出来上がった作品であるといい、当初より映像化も視野には入っていたという。なお、塩田はモデルとなった大泉とも何度か会って話しており、大泉から「多くの人たちに受け入れられるような形を意識してほしい」というアドバイスを受けた上で、よりエンターテイメント性の強い作品に仕上がったと語る。 2018年の本屋大賞にノミネートされた。 大泉洋の主演で映画化され、2020年6月19日から公開される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、2021年に公開が延期されることが発表された。
Read more or edit on Wikipedia

date of publication: 2020

Public

nothing here

editions

  • no edition found
add
add an edition without an ISBN

Welcome to Inventaire

the library of your friends and communities
learn more
you are offline