Work

あめりか物語

wd:Q97376141

『あめりか物語』(あめりかものがたり)は、永井荷風の小説集。1908年8月9日、博文館刊行。 「船房夜話」、「野路の帰り」(のち「牧場の道」と改題)、「岡の上」、「酔美人」、「長髪」、「春と秋」、「雪のやどり」、「林間」、「悪友」、「旧恨」、「寝覚め」、「一月一日」、「暁」、「市俄古の二日」、「夏の海」、「夜半の酒場」、「落葉」、「夜の女」、「支那街の記」、「夜あるき」、「六月の夜の夢」のあわせて21篇の短編小説と、付録としてこれも短編の「船と車」、「ローマン河のほとり」、「秋の巷」のあわせて3篇をおさめる。
Read more or edit on Wikipedia

language: Japanese

Public

nothing here

editions

  • no edition found
add
add an edition without an ISBN

Welcome to Inventaire

the library of your friends and communities
learn more
you are offline