love comedy

日本における漫画、アニメを中心とした創作作品のジャンルの一つ

ラブコメディは、ロマンティック・コメディ(英: romantic comedy)を意味する和製英語。略称はラブコメ。 作品ジャンルのひとつで、恋愛を主題にしたコメディ(喜劇)を呼ぶための日本での呼びかた。なお、作品の分野は問わない。漫画、アニメ、小説、演劇、映画、ドラマ 等々、ともかく恋愛を主題にしたコメディ。 「ラブコメディ」や「love comdedy」はあくまで和製英語であり、英語圏では使われていない表現なので、「ラブコメディ」が使われている場合、特に(英語ではありえない)「love comedy」が使われている場合は、結果として、その多くが「ロマンティックコメディのうち日本製のもの」「和製ロマンティック・コメディ」を指す、という状況になっている。 なお世界的には、ロマンティック・コメディは歴史が長く、シェークスピア(1564年-1616年)の時代から演劇作品として存在しており、現代まで受け継がれており、現代では映画やテレビドラマなどがさかんに作られている。映画のロマンティック・コメディも、新たにつくられたものもあれば、何世紀も前の古典的な演劇作品をリメイクする手法で作られているものもある。(なお、世界的に見ると、漫画作品やアニメ作品の恋愛主題の喜劇は極めて少ない。)。それに対して日本では漫画作品やアニメ作品が多く、その分野で恋愛を主題にした喜劇が登場したのは1960年代や1970年代あたりであり、比較的歴史が浅い。(後述) 以下で日本で「ラブコメ」と呼ばれがちなもの、つまり和製ロマンティック・コメディについて解説する。
Read more or edit on Wikipedia

genre: love comedy

6
you are offline