plane guaze

紗(しゃ、うすぎぬ、さ)とは綟り織で織られた、薄く透き通る絹織物。 横糸を1本ずつ取ったうえで、強撚糸の縦糸を2本ずつ絡ませて織り上げたもので、生糸で織り上げることが多い。 羅から発生したもので特殊な機を使う羅と違って通常の機で織ることができ、中国では唐末から宋代にかけて大流行した。 日本では平安時代ごろには夏の衣料として大いに用いられたが、天正年間に大陸から最新技術が再導入されて現在の形になった。 雅楽の装束や、夏物の着物などに使われる。 現在ではほとんど目にすることはないが、ぼんやりとした様を示す『紗がかかったような』という表現は今も使われている。
Read more or edit on Wikipedia

main subject: plane guaze

0
you are offline